お金すぐ欲しい!今すぐに現金を手に入れる方法は?

 

お金すぐ欲しい場合どのようにして現金を手に入れるのが一番良いのでしょうか?

 

お金を用立てる方法は大きく分けて「不要品等を売ってお金に換える」、もしくは「金融機関からお金を借りる」のどちらかに分かれます。

 

 

必要な金額にもよりますが不要品を売ったところでそこまで大きな金額にはなりませんから、お金すぐ欲しい時に手っ取り早いのはお金を借りる方法でしょう。

 

お金を借りれる方法はいくつかありますが、中には時間がかかるものもあり間に合わない可能性もありますので注意が必要です。

 

 

国の公的融資などはすぐには借りれないので注意!

 

お金すぐ欲しい場合にお金を借りる方法として、国の公的融資を利用するのがあります。

 

代表的なもので言えば「総合支援資金貸付」や「緊急小口資金貸付」等が挙げられます。

 

総合支援資金貸付とは、失業などによって日常生活全般に困難を抱え、お金すぐ欲しいという方を対象に、通常の生活を送れるよう支援する貸付制度です。

 

安定した生活をおくる上で欠かすことのできない住宅入居費や、経済的に自立できるようになるために生活費用の貸付、ハローワークなど就職や求職の継続的な自治体からの支援を受けながら資金の貸付を受けることが出来ます。

 

具体的な貸付額は貸付費目ごとに決められています。

 

生活再建までの間に「必要な生活費の名目」ですぐお金を借りる場合は、単身で15万円以内、2人以上なら20万円以内を最長12ヶ月間。

 

住宅の賃貸契約を結ぶために必要な敷金や礼金といった経費のための住宅入居費は40万円以内。

 

生活を再建するのに必要な費用で日常生活費では補えないもの、例えば就職活動費や技能習得費、公共料金の滞納の立て替えといった名目で借りる一次生活再建費は60万円以内となります。

 

「借金の返済」については対象外となります。

 

また、住宅手当が支給される場合、家賃に生活支援費を入れることは認められません。

 

 

総合支援資金貸付の貸付対象者は
「低所得世帯であり尚且つ収入の減少、失業に寄って生活が困窮している方」
「本人確認が可能であること(公的書類)」
「住居を有している若しくは住居の確保が確実に見込めること」
「実施主体や関係機関から計測的な支援を受けることに同意していること」
「貸付や支援を受けることで自立した生活を営むことが可能で返済が見込めること」
「他の公的給付や貸付が受けられないこと」、
...これらの条件を全て満たしていないと利用できません。

 

総合支援資金貸付を利用する上で連帯保証人は必要ありません。

 

但し連帯保証人をつけると無利子で借りる事が出来ます。

 

市町村の社会福祉協議会にて相談の上で手続きを行います。

 

申請には借入申込書、健康保険証・住民票の写し、世帯の状況が明らかになる書類、自立に向けた取り組みについての計画書等など全10種類以上の提出書類を用意する必要があります。

 

 

緊急小口資金貸付とは低所得者・高齢者・障害者のいる世帯を対象に生活を経済的に支える貸付制度です。

 

社会福祉協議会より生活福祉資金という形で提供され、この中に総合支援資金・福祉資金教育支援資金・不動産担保型生活資金が含まれており、この中に緊急小口資金貸付が位置づけされています。

 

緊急小口資金貸付はその名の通り、緊急を要する目的つまり一時的に生活維持が困難な時に利用することが出来る貸付制度です。

 

ですから、一時的ではなく常に生活維持が難しかったり、緊急でない場合には、お金すぐ欲しい場合でも利用することが出来ません。

 

緊急小口資金貸付を利用するには「制度の対象者」でなければいけません。

 

上述した通り低所得者・高齢者・障害者の世帯が貸付対象となります。

 

お金すぐ欲しいとしても、低所得と認められる収入基準は世帯人数によってそれぞれ決められています。

 

例えば一人なら平均月額の収入は177,000円以内、2人なら平均月額の収入は261,000円以内といったようにです。

 

更に貸付対象として認められる理由も決められており、これに該当しない場合は、いくらお金すぐ欲しいとしても利用不可となります。

 

 

総合支援資金貸付も緊急小口資金貸付も無利子でお金を借りる事が出来るのが大きな特徴と言えます。

 

しかし手続きに非常に時間がかかりますので、お金今すぐ欲しいという場合には向いていません。

 

また、提出書類が多い上にそもそもの利用条件が非常に厳しいですから、一般の方向けの貸付制度ではないということがお分かりいただけるかと思います。

 

 

親や友人からなら比較的すぐに借りやすい!

 

親や友人からなら審査や提出書類はありませんの比較的容易にお金を借りやすいですので、お金がすぐ欲しい場合には良いかもしれません。

 

ですから「親や友人からお金を借りること」に最初に考えつく方も多いのではないでしょうか?

 

但し、お金すぐ欲しい場合でも「きちんと返済」をしないでいると、信用をなくし関係が悪くなる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

親や友人からお金を借りるメリットとしては、返済日に割りと融通がきくこと、利息の支払いがないこと、取り立てがないことなどがあげられるのではないでしょうか?

 

但し、勘違いして欲しくないのが「親や友人だからといって返さなくて良いというわけではない」ということです。

 

上述した通り、きちんと返済しないと関係が悪くなり、親から絶縁されたり友達関係が修復できないほどにまで陥ってしまう可能性があるということを忘れないで下さい。

 

親や友人からお金を借りるのは、お金すぐ欲しいときには最適でメリットが大きいように感じられますが、実はデメリットのほうが圧倒的に上回っていますので、本当に注意が必要といえます。

 

 

身内からの借金はトラブルになりやすいですから、例えお金すぐ欲しい時でも、きちんとした対応で相談に臨みましょう。

 

まず、お金を貸してほしい理由を嘘偽りなく話すこと、借用書を作り書面に残しておくこと、この2つは必ず守りましょう。

 

 

よく、親や友人からお金を借りる時は「なんて言い訳をしようか?」と考える人がいます。

 

気持ちは分からなくもないですが、親や友達からすればお金を貸すこと以上にウソを付かれる方が辛いもの。

 

特に自分の子供にウソを付かれてしまった親御さんは「親なのに信用してもらえない」とショックをうけることでしょう。

 

確かにお金を貸すのは抵抗があるかもしれませんが、自分の子供が本当に困っているのであればなんとかして助けてあげたいと思うのが親の心情です。

 

信用を裏切らないためにも、変に言い訳せず正直に話しましょう。

 

お金すぐ欲しい時はそれが一番です。

 

 

身内からの借金に借用書なんて必要ない、...こう思う方が殆どではないでしょうか?

 

しかし身内だからこそ借用書は作るべきなんです。

 

借り入れ金額や返済方法、返済期日、利息といった条件を口約束だけで済ませてしまうと後から返済や利息をめぐって争いになることは目に見えています。

 

実際に親族間のトラブルの原因で多いのが「お金の貸し借り」です。

 

きちんと書面に残しておけばトラブルを未然に防げますし、きちんと返済しようという気にもなるはずです。

 

また、例え身内からの借金であっても利息はキチンと払うようにしましょう。

 

お金を人に貸すという行為はストレスが溜まるもの。

 

つまりそれだけ相手に迷惑を欠けているわけですから、迷惑料として利息は払うべきなのです。

 

良い関係を続けていきたいのであれば、利息は払ったほうが絶対良いです。

 

もちろん、銀行や消費者金融と同じような金利に設定する必要はありませんし、場合によってはお互いに話し合いで決めるのも良いでしょう。

 

 

お金を借りたらきちんと返済をしていき期日は必ず守るようにしましょう。

 

もし返済が遅れそうなときはその旨を伝えるようにし、何時までに払えるかも伝えましょう。

 

そして完済した暁には感謝の気持ちをキチンと伝えましょう。

 

 

カードローンなら即日融資も可能!

 

もしどうしてもお金すぐ欲しいのであれば、今すぐ現金を手に入れる方法として1番適しているのはカードローンです。

 

カードローンは担保も保証人も必要なく自己責任でお金を手にすることが出来、誰にも迷惑をかけることがありません。

 

申し込みに必要な書類も、運転免許証など簡単なものだけで良いので、お金すぐ欲しい時も手続きも手間がかかりません。

 

上述した公的な貸付制度のように厳しい条件もありません。

 

ですので利用できる可能性も高いですから、お金すぐ欲しいのであれば真っ先に検討すべきかもしれません。

 

 

もちろん、審査を通過しないと利用できませんが、消費者金融であれば利用条件や審査基準はそこまで厳しいものではありません。

 

お金すぐ欲しいパートやアルバイトなど属性が低い方でも融資を受けられます。

 

条件をクリアしていれば即日で借りることも可能ですから、今すぐに現金を手に入れる方法として最も確率が高い手段と言えます。

 

 

審査通過するために最低限クリアしておきたいのが、安定収入があることと信用情報に傷が付いていないことです。

 

安定収入とは毎月必ず一定金額の収入を得ていること、月ごとに収入額が大きく上下していないこと、そして1年以上の勤務実績があることです。

 

大学生のアルバイトですとバイトに入る回数が少ない月も出てくるかもしれず、そうなるとどうしても収入に差が出てしまうことがあります。

 

このように月によって金額に大きな差があると不安定と見られやすいので注意が必要です。

 

勤務実績は1年が最低ラインとなりますので、1年に見たない方ですと、お金すぐ欲しい場合でも審査通過は難しくなります。

 

やはりある程度の期間以上働いていないと仕事が安定しているとは言い難く、途中で辞める可能性が高いからです。

 

転職したばかりの方や就職したばかりの方ですと、審査に通るのは100%無理とまでは言いませんが、かなり厳しいと思ったほうが良いです。

 

 

信用情報とはローンやクレジットの利用履歴のことで、申し込み者の信用力を図る上で非常に重要となります。

 

一度でも返済遅滞をしてしまうと事故情報として記録が残りますので注意しましょう。

 

事故情報があると大きなマイナス評価となり審査通過は絶望的となります。

 

事故情報として記録される事柄には他に、携帯電話の強制解約や自己破産などの債務整理が該当します。

 

いわゆるブラックリスト入りしている状態ですので、この記録が残っているうちは、いくらお金すぐ欲しいとしても借り入れはできないと思ってください。

 

 

カードローンで即日融資を受ける方法は口座振り込みとローンカード発行の2通りあります。

 

口座振り込みは自宅に居ながらにして融資を受けられますので、外出している時間も無いという方に最適です。

 

但し、口座振り込みは平日の15時までとなりますので、もしお金すぐ欲しいときは時間に間に合うように手続きを完了させなければいけません。

 

どの金融業者も「遅くても14時までに契約」が終わらなければ、すぐその日に振り込みは間に合わないとしていますので、出来るだけ早めに申し込みだけでも済ませておきましょう。

 

 

ローンカード発行の場合は15時過ぎでも問題なく利用でき、更には土日祝日でもその日に融資を受けることが出来ます。

 

確実性で言えばローンカードのほうが上ですから、どうしても今日中にお金が必要ならローンカード発行を選ぶのが良いでしょう。

 

自動契約機に行く必要があるので手間はかかりますが、夜遅くまで営業していますので仕事帰りによって手続きすることも可能です。

 

 

カードローンは銀行でも取り扱いしています。

 

低金利で借り入れできるので利息負担を抑えることが出来ますが、融資に時間がかかることが多いです。

 

今日中にお金すぐ欲しいのであれば消費者金融に絞って申し込みしたほうが良いです。